このページはソフトウェアの配布を行っています
リンクページ とっぷぺーじ ソフトウェア 携帯アプリ紹介 リンクページ

ちょっとしたLinux Tipsを記述しておきます。
ATOK Xを使う(Redhat)
RedHat 7.2使用時:
/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput を編集する
(87行目あたりから)
                # if [ -e /usr/X11R6/bin/kinput2 ]; then
                # XIM="kinput2"
            とコメントアウトする。

                if [ -x /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client ]; then
                   XIM="htt"
                elif [ -e /usr/X11R6/bin/kinput2 ]; then
                   XIM="kinput2"
            と追加する。

                # elif [ -e /usr/X11R6/bin/skkinput ]; then
                # XIM = "skkinput"
            をコメントアウト

            (174行目あたりから)
                htt)
                  .  /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client
                  XIM_PROGRAM = /bin/true
                  ;;
                 *)
            と該当個所に追加しておく
                

RedHat 7.3使用時:
/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput を編集する
(87行目あたりから)
             ja*)
                  # if [ -e /usr/X11R6/bin/xwnmo ]; then
                  # XIM="_XWNMO"
                  if [ -x /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client ]; then
                      XIM="ATOKX"
                  elif [ -e /usr/X11R6/bin/kinput2 ]; then
                      XIM="kinput2"
                  elif [ -e /usr/X11R6/bin/skkinput ]; then
                      XIM="skkinput"
                  fi
                  ;;
             とコメントアウト&追加して、
			 
(174行あたり)
             ATOKX)
                  .  /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client
                  XIM_PROGRAM=/bin/true ;;
             *)

             と該当個所に追加しておく

RedHat 8.0使用時:
/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput を編集する
(95行目あたりに)
                ja*)
                    #    if [ -e /usr/X11R6/bin/xwnmo ]; then
                    #	    XIM="_XWNMO"
                    #    elif [ -e /usr/X11R6/bin/kinput2 ]; then
                    #	    XIM="kinput2"
                    #    elif [ -e /usr/X11R6/bin/skkinput ]; then
                    #            XIM="skkinput"
                    if [ -x /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client ]; then
                        XIM="atokx"
                    elif [ -e /usr/X11R6/bin/kinput2 ]; then
                        XIM="kinput2"
                    fi
                    ;;
次に、180行目付近
                    #      skkinput)
                    #        XIM_PROGRAM=skkinput
                    #        XIM_ARGS="" ;;
                    #      *)
                    #	XIM_PROGRAM=/bin/true ;;

                    atokx)
                        . /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/atokx_client
                        XIM_PROGRAM=/bin/true
                        ;;
                    *)
                        XIM_PROGRAM=/bin/true ;;  
                    esac
                fi
と変更する。
				

環境によっては動かないこともあると思います。
グラフィカルログインを使用しているとき、gdmに変更すると起動が成功したことがありました。