ようこそゲストさん

すらりん日記

2011/03/26(土) USBチューナー(KTV-FSUSB2 K1102)でTS抜く! 後編

録画環境
前回は機器を使えるようにするところまでの準備だったので、
今回はソフトウェア環境を整備して、TSファイルとして取り出せるところまでを説明します。

BonDriver の準備

http://tri.dw.land.to/fsusb2n/ より、BonDriverをダウンロードします。

今回ダウンロードしたファイルは、FSUSB2_20110312.zip です。
このファイルを展開すると、その中に BonDriver_FSUSB2N.dll が入っています。

tvtest の準備

"DTV関係ツール"より、TVTestをダウンロードして適当な場所に展開します。
展開したフォルダに、BonDriverの以下のファイル群を配置します。
  • BonDriver_FSUSB2N.dll
  • Host_FSUSB2N.exe
  • InstallHost.cmd
  • winscard.dll
    • KTV-FSUSB2のカードリーダーを使用しない場合には不要
そして、InstallHost.cmd を実行します。

続いて TVTest を起動します。
初期設定の画面が出てくるので、そこで以下の画面と同じになるように設定します。
  • ドライバ: BonDriver_FSUSB2N.dll
    • tvtestの展開先にある BonDriver_FSUSB2N.dllを選択
  • カードリーダ: スマートカードリーダ
tvtest_init.png

そしてチャンネルスキャンを行います。
TVTestが問い合わせてこなかった場合には、
右クリックして、[設定]-[チャンネルスキャン]とたどり、
"対象チューニング空間"が"地デジ"であることを確認して、"スキャン開始"ボタンを押します。

スキャンが終わると、チャンネル選択してTV映像が映るようになります。

TV映像が映っているときに、ウィンドウ下部の録画ボタンを押すと、
指定したフォルダに保存されます。
この録画ファイルが、TSファイルになっており、
Windows7の環境であれば、その録画ファイルをダブルクリックするだけで、
メディアプレイヤーで再生可能です。


EpgDataCap_Bon

ここではちょっと古いですが、EpgDataCap_Bonの 9.46版を使用しています。

EpgDataCap_BonのBonDriverフォルダに、FSUSB2_20110312.zip の中身を展開します。
そして、 InstallHost.cmd を実行します。
展開した中にある winscard.dllをEpgDataCap_Bonに含まれるB25Decoder.dllと同じ場所にコピーしておきます。


続いて EpgDataCap_Bon.exe を実行します。
「チューナーのオープンに失敗しました」と表示されないことを確認してください。

うまく動いていれば、「チャンネル情報の読み込みに失敗しました」と表示されるはずです。

その後、"チャンネルスキャン"ボタンを押し、チャンネル情報を取得状態になります。
ch_scan.png

適当なチャンネルを選択し、Drop, Scrambleの値が増加していかないことを確認します。
チャンネルの切り替え時にはこれらの値が計測されますが、
しばらくすると値は普通は落ち着きます。
Scrambleの値が増加している場合には、BCASカードへのアクセスが失敗していることを示しています。
この場合、winscard.dllが正しい場所にコピーされているかを確認してください。


問題がなければ続いて録画のテストを行います。
適当なチャンネルを選択して、"即時録画"ボタンを押します。
しばらく録画して、キャンセルを押して録画を止めます。

"設定"ボタンをおして、基本設定を確認します。
"録画ファイル保存フォルダ"で指定されている場所に、先ほどの録画データが存在しているはずです。

Windows7の環境であれば、その録画ファイルをダブルクリックするだけで、
メディアプレイヤーで再生可能です。
もし再生ができないようであれば、暗号化解除で失敗しています。

EpgDataCap_Bon 10.24

前のバージョンと同じように、BonDriverフォルダの中にファイルを配置して、
B25Decoder.dll と同じ場所に winscard.dll を配置しておきます。

そしてチャンネルスキャンを行います。

ch_scan2.png
2011/03/26現在、10.25以降では B25Decoder.dll が含まれていないため
使用に問題がありそうです。
10.28に、10.24に含まれていた B25Decoder.dllと、winscard.dllをコピーしてみたところ、
一応動作はしているようです。

まとめ

これで、KTV-FSUSB2 (K1102版)をもちいてTS録画ができることがわかりました。
PCに内蔵するタイプに比べ、USBタイプはいろいろとメリットもあります。
  • ノートPCでも使える
  • ESXiサーバーでUSBデバイスパススルーで仮想マシンに接続できる
  • VMware Player/Workstaion等で仮想マシンに接続が可能
また、KTV-FSUSB2はアンテナ感度が悪い!という話がありましたが、
K1102版を今試してみたところでは、PT1の受信感度よりはよい傾向が見て取れました。
(dB表示を信用するならば、ですが)

1: へーすけ 2011年06月10日(金) 午後10時58分

今回、こちらのブログのやり方を参考にさせていただきました。
手順も写真が多くて、大変わかりやすく、痒いところに手の届くような解説であるにもかかわらず、実は、すぐにはうまくいきませんでした。
そこで、忘備録としてコメントさせていただきます。

先日、KTV−FSUSB2をソフマップ・ドットコムで3,980円で購入。
おそらく、すらりん日記さんと違うのは、小生の場合、MacOSX10.6上でParallels Desktop 5.0を走らせWindowsXPを動かして、しかもBootCampを介さない状態で、果たして安定してKTV-FSUSB2でts抜きができるか、大胆にも試してみました。
早速、事前に調べておいた「すらりん日記」の通り手順を踏み実践しました。もちろん、他のサイトも参考にしました(特に、改造の部分)が、ファームウェアの書き換えは、こちらが断然にわかりやすかったです。本当に助かりました。ありがとうございます。
さて、うまくいかなかったところを中心に以下にまとめます。

・fwtool.exeを実行し、デバイス(KTV-FSUSB2)を選択し「開く」のボタンを押して、ここにあるように各ナンバーを確認した後、「外ROM無効化」を押してからデバイスをMacBookから取り外した。次にデバイスをMacBookに接続しドライバを更新しようとしたところ、デバイスマネージャを開いてもUSB入力デバイスが認識しなかった。
・fwtool.exeを実行してもデバイスが出てこない。いろいろ試したが、ダメで、最終的にデバイスをMacBookから取り外し、WinUSB_1.7_XP32フォルダ内にあるdpinst.exeを起動させ、デバイスインストールウィザードの通りに「次へ」を選択してインストールを完了させた後に、デバイスをMacBookに接続したところ、USB入力デバイスが認識された。後は、ここの通りにドライバを更新できた。

MacOSX10.6+Parallels Desktop 5.0+WindowsXPで、しかもBootCampを介さない状態で、KTV-FSUSB2でts抜きができることを確認しました。TVTestで地デジを観れるが、時々受信状態が悪く画面が乱れることはありますが、総じて問題はなく観れます。そして、tsファイルをMiro Video ConverterによってiPhoneで観れるmp4動画ファイルに変換できました。
とてもきれいな画像で満足しています。

2: slash 2011年06月10日(金) 午後11時56分

へーすけさん。コメントありがとうございます。
そして、Mac環境のParallels上という珍しい条件下での成功事例を付けていただき感謝です!

うまくいってよかったですね。

3: ほくし 2011年07月20日(水) 午後2時49分

 初めまして。
大変参考になりました。ここに書いてあるとおりに進み、順調と思えたのですが、最後のチャンネルスキャンでエラーが出てしまいました。
20/40くらいまでは進みますが、スキャンが完了しません。
この場合、どこからやり直せばいいのでしょうか?
ただし、チャンネルスキャンまでは、書いてあるとおりに表示もされますし、問題ありません。
 そして、スキャンでエラーが出てしまうので、TVTESTを閉じると、今度は、デバイスマネージャーでも表示されなくなります。
このときは、デバイスを抜き差しすると、認識はされるようになるのですが、やはりチャンネルスキャンでエラーが出ます。
 何かアドバイスがありましたら、よろしくお願いします、
なお、XPで動作さていて、CPUはAthlon XP1800+です。(かなり古いです)

4: slash 2011年07月22日(金) 午後7時54分

> ほくしさん。
おなじようなことに出遭ったことがあります。そのときにはドライバの入れ直しや、EpgDataCapBonやTvtestなどを別のバージョンに入れ替えてみたりして試行錯誤していた記憶があります。

またBonDriver関連で他のドライバが存在している場合にも同じように苦労した気がします。
HDUS系と同時にFSUSB2を使ったときにはBSoDが出たりと結構安定しない感じなのでご注意下さい。

5: ほくし 2011年07月23日(土) 午後0時08分

slashさん
アドバイスありがとうございます。
もう一回最初から入れ直しtryしてみます。

6: ドーナツ 2011年07月25日(月) 深夜3時50分

私もWindows7だったので、こちらのブログを参考にして、TS抜きすることができましたが、先日パソコンが壊れてしまい、見ることができなくなってしまいました。

そこでサブのパソコン(XP)で見れるようにしたいんですが、設定はどこからやり直せばいいのでしょうか?
よろしければアドバイスお願いします。

7: slash 2011年07月26日(火) 午後8時34分

ドーナツさん。
前編の部分で、ファームウェアを書き換える部分を除外して作業するのが良いかと思います。
まず、WinUSB 1.7のinfを書き換えてドライバインストール。
ファームウェア書き換えをしないでスキップ。
BonDriverの準備、tvtest,EpgDataCapBonなどの設定
こんな感じで良いのではないかと思います。

8: ドーナツ 2011年07月27日(水) 午前6時20分

わかりやすいアドバイスありがとうございます。なんとかできました。

9: tomoki 2011年08月02日(火) 午後4時52分

初めまして。
今回、このサイトを見つけてKTV-FSUSB2のts抜きに挑戦しようと思い同じ手順で作業をしてきました。そして最後まで行なったのですがTVTestを使っての視聴がうまくいきません。なぜか、全画面表示などをしても本来表示されるはずの画面の半分ぐらいしか映像が出ません。なので全画面表示にしても中心に人がいた場合、その人の左側だけが表示されるのです。右側が表示されないのです。その理由がよく分からないのですが、改善できるでしょうか?

10: slash 2011年08月02日(火) 午後9時32分

残念ながらそのような症状に出遭っていないため、わかりません。
録画してみてできあがるtsファイルがどのような状況になっているかを確認してみるといいかもです。

tsファイル自身が既に半分になっているならば、チューナー側でしょうし、そうでないならばtvtestアプリケーション側でしょう。
tsファイル自体が正常かどうかはそのPC環境だけでなく、その他の環境でも再生できるかみてみる必要があると思います。


名前: